のらりくらり

「話し合う時間を作って欲しい」
と彼に言われた時、そこから逃げる術は無いものかと考えていました。
彼との関係に陰りを感じているのはどうやら私だけでは無かったようです。
彼もまた、似たような危機感を抱いていたんですね・・・。
キチンと事象と向き合おとしする姿勢は分かっていたものの、私はそれを恐れました。
「もしかしたら私たちは終わってしまうのではないか?」
「話し合うことで、もっと違いが露呈されるのではないか?」
なんて思ったりして。
私は、何だかんだと理由をつけては彼と会わないようにしていました。
それも、何時までも続かないことは分かっていましたが。
のらりくらりと数ヶ月をやり過ごした私。
実際に別れたりはしていませんでしたが、心労はかなり溜まっていました(苦笑)
こんな精神状態のまま、これからもやり過ごしていくのかと考えると
途方に暮れるような気持ちになりました。
「向き合わなくちゃいけないことは分かっている」
・・・のであれば、逃げてはいけないとようやく思えるようになった私。
自分のほうから話し合う時間を決めました。
彼との話し合いの中で、別れと言うワードが出た瞬間もありましたが
何度か話し合いを重ねていくうちに、「これからも一緒にがんばっていこう」
と言い合うことが出来ました。

Copyright© 2010 おすすめ出会い系サイト情報 All Rights Reserved.